So-net無料ブログ作成

ノートPC のキーボード [PC/一般]

先日、ノートPC を買い換えました。Lenovo ThinkPad X60 です。
これを選ぶ際に、自分にとってノートPC の選択には
キーピッチとキートップの形状が重要だということに気づきました。
なんとも感覚的なことなので、うまく説明できるかわかりませんが、
それについて書いてみます。

買い替えの動機は、高速な PC が必要になったことと、
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0622/mobile346.htm
辺りを読んで環境をノートに集約してみたくなったことの 2点です。
そこで、当初 Core 2 Duo プロセッサを搭載した
A4 サイズ程度のノート PC を目安に探していました。

とはいえ、仕事には使わないマシンなので、17インチのノート PC を
使う気にはなれず、最初に目をつけたのは Apple MacBook でした。
価格も安く、MacOSX と Windows も集約できることにも魅力を感じたのですが、
店頭で試してみると、どうしてもキーボードに馴染めません。
見ると、キーピッチは現用の iBook G4 と同じなのですが、
キートップが平ら、あるいはやや凸で、私の我流タッチタイプでは
指が正しくキーの真ん中を押せていないことに気づきました。
他の A4 ノート PC もいろいろ試して見ましたが、
19mm のキーピッチではどうにも手に余る印象です。

これまで同じキーピッチの iBook G4 でなんとか打てていた理由は、
説明しづらいのですが、
  http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0407/26/news013_2.html
で書かれている、「キートップにある球状のエグレ具合が大きく、
指を自然にセンターに導いてくれる」が近いように感じます。

これを満たしてくれるノートPC が、意外に見当たらないのです。
あっても、キートップの塗装がツルツルで、指が滑ってしまうという
別の問題もありました。

この辺、Happy Hacking Keyboard や Real Force のような
まともなデスクトップ用のキーボードならば
同じキーピッチでも全く気にならないのが不思議なところです。
もしかすると、ノートPC 特有の、平坦なキートップ配置が
影響しているのかも知れないと感じています。

仕方がないので、最初からキーの中央を押すことができそうな
キーピッチのもう少し小さな機種を探したところ、
東芝 Dynabook SS SX / NEC Lavie J / Lenovo ThinkPad X60 の 3機種が
割と自分の指に合うことがわかりました。
どれもモバイルPC の範疇に入るもので、どうも指が短い私には
このくらいのサイズが適しているようです。

結局、これらの中で一番 CPU パワーがあり、価格も手頃な
ThinkPad を選択しました (Core 2 Duo 2GHz)。

ところで、暫く使いこんでくると、ThinkPad X60 のキーボードにも
別の違和感を感じ始めました。
それは、中央付近に設けられたトラックポイント周辺のキー
(G,H,B あたり) だけが押しづらいことです。
トラックポイント自体はよくできたポインティングデバイスだと
思うだけに、ちょっと残念です。
今後、ゴムを小さなものに替えたり、試行錯誤しようと思います。


nice!(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。