So-net無料ブログ作成

開発環境込みのお値段 [スマートデバイスを取り巻く環境]

忙しさにかまけて、最近全然開発らしい活動ができていないのですが、
それでも何かのデバイスを買う際に、開発環境のことを
気にしてしまうのは一つのビョーキでしょうか。
iPhone 向けソフトを開発するのに Intel Mac が必要と知って
やや意気消沈しているのですが、ふと思い立って
他のデバイスでは幾らくらい掛かるのかを調べてみました。
既に持っている環境によって大幅に変動しますが、
とりあえず自由にできる Windows XP マシンがあるという前提で。

(1) iPhone 3G
Intel Mac + Leopard が必要。一番安い新品は
Mac mini の 8万円ほどですが、どうせならノート型の
MacBook 13万円を欲しくなってしまうのが悩ましいところ。
  http://store.apple.com/jp
SDK はユーザ登録すれば無料で入手可能。
  http://developer.apple.com/jp/iphone/program/
デバイス自体は、2年使うと 20万円強と考えればよいのかな?
  http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/40544.html  

(2) Windows Mobile
既存の Windows PC が使える。
開発環境に Visual Studio 2008 Professional 以上が必要で、
普通に買うと 13万円ほど。(私はたまたま .NET 2002 を持っているので
7万円で済むけれど、2005 を買っておけばよかったな...)
  http://blogs.msdn.com/shintak/archive/2008/02/07/visual-studio-2008.aspx
  http://www.yodobashi.com/enjoy/more/productslist/80233666.html
デバイスは多種多様で、パケット定額で使える例だと
E-mobile の EMONSTER(S11HT) が 2年間で (7〜)17万円くらい。
  https://store.emobile.jp/index_customer_hs.php?page=ryokin_emonster

(3) Symbian (Nokia S60)
既存の Windows PC が使える。
開発環境は、無料版がダウンロード可能。
  http://www.forum.nokia.com/main/resources/tools_and_sdks/carbide_cpp/index.html
デバイスは多種多様。パケット定額の使える機器もあるが、
私の持っているのは違うので省略。

(4) Android
開発環境は Windows, Intel Mac, Linux と充実している。
  http://code.google.com/android/intro/installing.html#developmentrequirements
実機が無いので問題外だけれど。

(5) maemo
Linux PC が必要だが、既存 Windows PC + VMware でなんとかなりそう。
開発環境は無料でダウンロード可能。
  http://maemo.org/development/
現行機種は Nokia N810 シリーズだけ、かな。
  http://www.sparco.com/cgi-bin/wfind2?spn=A36N807
携帯電話ではないので、通信するには別途手段が必要。

#####
これは特殊な例かもしれませんが、ランニングコストまで考えると
iPhone と Windows Mobile がそんなに違いが無いのですね。
とはいえ、どれもお金のかかる趣味なので
若い人があまり入ってこないのも無理ないのかも。


コメント(5)  トラックバック(0) 

コメント 5

ま~

ああ、こんな所に自分の脳内メモと同じものが(笑)
確かにある種のビョーキだと思います(きっぱり)。

iPhoneはSDKがMac環境のみということで同じく萎えたクチです。
#その関係で現在、マカーな某氏"ら"にAirなど猛烈にプッシュされている訳ですが。
個人的にはmaemoが楽しそうだなぁとか思っていたりするのは公然の秘密です(笑)。

先日、同じような内容で検索していたときに気になったのは、とりあえず試そうとしている人たちが気にするのは「安いか高いか」ではなく「タダか否か」のようです。
5000円でも「それは有料なのでちょっと…」というのは…うーん…。

by ま~ (2008-06-30 09:48) 

近藤

まぁ、現実として無料で割と優秀な開発環境があちこちにあるので、
有料環境はどうしても敬遠されがちです。
ただ、有料環境にはそれなりのメリットのあるものが多い
(そういう特徴のあるものだけが淘汰されて残っている) のも
事実ですよね。

そういうメリットをちゃんと評価できるかどうかは、
例えば web に無料の情報が溢れている今の時代に
わざわざ本を買うとか、そういう感覚に似ている気がします。

# で、類は友を読んで読書端末に人気が出たりする訳です :-)

by 近藤 (2008-07-01 01:24) 

ほうく

タダという話になると、Windows Mobileには"eMbedded Visual C++ 4.0"
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/device/evc_download.aspx
がありますね。

「.NET?なにソレ?」というVisualC++6 with MFC(必須)な私でも
なんとなく使えるスグレモノ。

まぁ追加APIとかは全滅なのでやれる事がかなり限られますが、
「hTc Zをbluetoothキーボード&マウスにしてしまうソフト」はコレで作れます(笑)
by ほうく (2008-07-01 21:56) 

rey

あれま、私も Sigmarion の頃には eMbedded Visual C++ (eVC++)
を使ったことがあるのですが、今参照している
「Windows Mobile プログラミング徹底理解」
  http://www.amazon.co.jp/Windows-Mobileプログラミング徹底理解-ホーミン/dp/4797345764
の p.5 には、
「Windows Mobile 2003 以前のバージョンでは無料の開発環境
 (中略) が提供されていましたが、Windows Mobile 5 以降の開発には
 Microsoft の統合開発環境である Visual Studio が必要になります。」
と書かれていたので、てっきり eVC++ では駄目だと思っていました。

でも、hTcZ (Windows Mobile 5 Software for PocketPC
Phone Edition) でもなんとかなるんですね。
この辺、どこまで対応できるのか詳しく知りたいところです。

Windows CE 系って、開発環境と SDK の組み合わせが沢山あって
(それだけ広がりの大きな環境ってことなんですけれど)、
不慣れな者には何がなんだか状態です ^^;


by rey (2008-07-02 00:07) 

rey

あ、平易な解説がありました。素晴らしい。

WindowsMobile(CE)開発環境の歴史 -ある忘れっぽいプログラマの覚書 - Yahoo!ジオシティーズ
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hou_ming_2/view/20080229/1204242075

ということは、CE5.0 との互換部分を使う分には
無料環境が使える、と見て良いのかな。
で、次の疑問は、どこまでが互換部分なのかというところ...


by rey (2008-07-06 15:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。