So-net無料ブログ作成

iPhone 2.0 SDK が、iBook G4 で動いた [OSX/iPhone]

先の大阪オフでさきらさんに教えていただいたので、
手元の iBook G4 に、iPhone 2.0 SDK をインストールしました。
方法は、
  http://pub.ne.jp/amano/?entry_id=1591425
の手順に従うだけです。

この記事から参照されている記述は
iPhone SDK beta2 や beta3 が対象ですが、
最新の 2.0 でも同じ手順が使えました。
ただし、書き換える Simulator Architectures.xcspec ファイルの
元の内容は異なります。

ちなみに少し戸惑ったのですが、Aspen というのは
iPhone シミュレータの昔の名前なのですね。

とりあえず、サンプルアプリ (WhichWayIsUp) をエミュレータ用にビルドして、
エミュレータ上で動作できるところまで確認しました。
実機 (iPhone あるいは iPod touch) を持っていないので、
実機向けビルドは試していません
(ビルドするとコンパイル自体のエラーは出ずに、
実機との接続エラーにはなりますが、検証できない)。
でも、当面遊ぶだけならばこれで十分そうです。

ちなみに環境は iBook G4 (1.33GHz PowerPC G4) にメモリ 1.5GB です。
Xcode が実用的な速度で動くかは、
ある程度プログラムを作ってみないと判らないですね。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。