So-net無料ブログ作成

talkingSIM (日本通信) [スマートデバイスを取り巻く環境]

b-mobile から出ている、通話機能の付いた定額データ通信可能な SIM である
talkingSIM を買いました。
  http://www.bmobile.ne.jp/sim_t/index.html
  http://twilog.org/tweets.cgi?id=rey_k&word=talkingSIM

9月27日に b-mobile のサイトで申し込んで、10月9日に到着。
宅配便の配達の方に身分証明書を確認されたのは初めての経験でした。

携帯電話での利用は、データ通信に関しては割と快適です。
もともと、あまり帯域を必要とすることをしていない (メールや twitter 中心で、
画像表示もあまり行わない) ということもあり、これまでも
b-mobile 3G hours や b-mobileSIM U300 を使っていたので、
特に U300 との感覚上での違いは見つけられていません。
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2008-10-25-8
機種によっては、U300 と talkingSIM とで
動作が違うということもあるそうなのですが。
  http://twitter.com/#!/ACCN/status/13236266141224960

もちろん、PC のモデムで使うこともできるので
VAIO X の内蔵 3G モデムに入れてみたのですが、
こちらは (b-mobileSIM U300 と同様に) 帯域の不足を感じてしまいます。
PC のソフトウェアは、モバイル環境でもあまりパケット量を考慮したものが無いので、
仕方ないといえば仕方ないのですが、遅いからと言って
タイムアウトするソフトウェアでは困ってしまいます。
もちろん、Google で検索するなどの用途ではストレス無く使えます。

通話機能は、あまり試せてはいないので、評価保留しています。
一度、通話品質自体が非常に悪いことがあったのですが、
端末側の問題か回線側か切り分けられていないもので。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。