So-net無料ブログ作成

Crystal Localization v1.54 はお勧めできません [SymbianOS/Series 80]

昨夜、
  http://blog.so-net.ne.jp/rey/2006-05-21
で書いたように、Psiloc Crystal Localization Japanese v1.54
を Nokia 9300 にインストールしました。
今日一日仕事で使ってみたのですが、日本語入力速度が
明らかに低下していることが判りました。

例えば「watashiha」と入力すると、「わ」「た」「し」「は」
が目で見える程度にゆっくりと表示されます。
この 4文字で一秒以上掛かる感じでしょうか。
さらに、スペースバーを押して漢字に変換すると、
一変換毎にまた一呼吸待たされます。

インストール先は、本体メモリです。
念のため、本体を再起動しても状況に変化無かったので、
私は諦めて v1.53 に戻してしまいました。
Psiloc にはレポートのメールを送りますが、
とりあえずインストールはお勧めできません。

【追記 2006年5月27日】
Psiloc にレポートしたところ、昨日になって「ごめん、プログラマに転送したから
新しいバージョンを待って頂戴 (意訳)」という返事がきました。
対応してくれるようで一安心です。


nice!(0)  トラックバック(0) 

Psiloc Crystal Localization Japanese ver.1.54 [SymbianOS/Series 80]

このところ、PC Suite による Nokia 9300 と PC 間の
メールの同期が遅くなってきたのが我慢できなくなり、
思い切って本体内のフォーマットを行いました。
バックアップを取ってから、山根さんの blog
  http://palmyamcha.hkisl.net/archives/000146.html
を参考にフォーマット作業。
ほとんどのアプリは MMC 上に置いているので
MMC を挿入するだけで動作するのが SymbianOS の楽なところです。

そんな中、一つだけインストール作業が必要になったのが、
本体側にインストールしてあって日本語ローカライズソフト
Crystal Localization Japanese です。
  http://shop.psiloc.com/en/Application,73747,Japanese+Localization
これまでは v1.53 を使っていたのですが、
Psiloc のサイトを確認したところ、v1.54 が出ていたので、
早速これをインストールしました。
いつの間にか同サイトの構成も変わって、
「What's New」が表示されるように改善されていました。
代わりに、更新日時が表示されなくなったのは不満でもあります。

さて、What's New の記述によれば、
Calendar のクラッシュが修正されているとのことです。
実は、
  http://blog.so-net.ne.jp/rey/2006-03-06
を書いた後で、一度だけ同 (a) の症状が再発しました。
これが直っていることを期待して、使ってみます。


nice!(0)  トラックバック(1) 

Nokia 770 とタイムゾーン [Linux/maemo]

maitomo さんがご自身の blog
  http://d.hatena.ne.jp/maitomo/20060518#1147911485
で提起された、Nokia 770 の時計が設定値よりも
3時間進んだ時刻を示す問題について。
私の環境 (5.2006.13-17) では、こんな感じになっているようです。

・ホーム画面の時計が、clock アプリでの設定値よりも
  3時間進んだ値が表示される。
・clock アプリで、Home city を変更しても、移動に見合った時刻補正がされない。
・同じく clock アプリで、現在位置を変更しても、
  現地時刻が常に Home city と同じになってしまう。
  つまり、世界時計として機能していない。
・/etc/localtime や /etc/timezone がヘルシンキ (フィンランド) を指していて、
  Home City を変更しても追従しない。
・そもそも、/usr/share/timezone の下には、ヘルシンキの設定しか存在しない(!)

要するに、Nokia 本社のあるフィンランド以外での利用が
考慮されていないようです。
日本国内専用製品ならばともかく、時差や夏時間に
馴染みの深い欧州・米国向けの製品としてはちょっと... (苦笑)

とりあえずの回避方法は、時差を無視することでしょう。
Home City を「Helsinki Finland」に設定すれば、
見掛け上の問題は出なくなりました。
あくまでも見掛け上、ですし、純正以外のアプリケーションへの影響は
確認していませんが。


nice!(0)  トラックバック(0) 

VAIO type U の後継機が嬉しい [PC/VAIO typeU]

VAIO type U の後継機 VGN-UX90PS/UX90S/UX50 が発表されました。
ざっと見ると、初代の VGN-U70P と比べて
厚みが4割ほど増えた以外は、進化しているように感じます。
おそらく普通のパソコン屋で在庫購入できるでしょうから、
現行 type U の予備機を確保しておく必要性がなくなる点が
私にとって一番嬉しい点です。
何よりも、こういう尖った PC が存続していることを喜びたいと思います。

ただ、買い替えたくなるかというと、そういう気はおきませんでした。
私にとっての type U は、クレイドルによって
どこにでも着いてこられるメインマシンであり、
現用の VGN-U70P に対する私の最大の不満は
表示ドット数が少ないことでも、キーボードが無いことでもなくて、
HDD の容量が少ない点にあります。
Office と Symbian 開発環境一式をインストールすると
空き容量がほとんど無くなる現状を考えると、
せっかく厚みが大幅に増したのに 30GB しか用意されていないことは
とても残念に思いました。


nice!(0)  トラックバック(0) 

Nokia 770 の巾着袋 [Linux/maemo]

Nokia 770 Internet Tablet を買うと、壁紙とお揃いのデザインの
なかなかお洒落な巾着袋が付属しています。
  
私も気に入って、この巾着袋を使っているのですが、
いつも楽しみに読ませていただいている小寺信良氏の blog に
巾着袋と国民性について考察された面白いエントリがありました。
  http://plusdblog.itmedia.co.jp/koderanoblog/2006/05/post_6783.html

ここから考えると、液晶ハードカバーと巾着袋を両方装備する Nokia 770 は、
取り出すのも片付けるのも大変な設計と言えるでしょうね。
また、両手に機能を割り当てて効率化するのではなく、
左手だけで極力使えるように設計されたユーザインタフェースを見るに、
ゆったりと取り出してゆるりと使う、そんな使い方が
想定されているように思えます。
そうした落ち着きも、また Psion の趣と似ているのかも知れません。

ちなみに私は、通勤電車に乗る時は、液晶ハードカバーも
巾着袋もつけずにシャツの胸ポケットに入れています。
マットな黒色のプラスチックボディで傷が気にならないので、
一方でこうした運用もアリだと思います。


nice!(0)  トラックバック(0) 

音声合成シール

so-net blog での使い方をようやく理解できたので、
画面左側のサイドバーにウェブリシール (音声合成シール)
  http://webryseal.biglobe.ne.jp/
を貼ってみました。
JavaScript が有効な環境では、再生ボタンを押すと喋り始めます。

しばらくは検索エンジンにキャッシュされないでしょうから、
今後 blog に書きにくいことは、こちらに喋らせるのも良いかなと
思っています。


nice!(0)  トラックバック(0) 

Nokia 9300 で Ctr+Chr+Shift+K [SymbianOS/Series 80]

今日、Nokia 9300 の Calendar に日本語を入力している最中に、
急にローマ字仮名変換がされなくなりました。
日本語化は Crystal Localization Japanese v1.53 です。
少しいじっていても復旧の見込みが無かったので
仕方なくリセットを試みようとしました。

通常、Nokia 9300 をリセットする時には、
裏蓋を開けて電池を外す手順が一般的なのですが、
何気なく Psion (5mx) の癖で、アプリを全部終了してから
Ctr+Chr+Shift+K を押してしまいました。
すると、いきなり Calendar の画面に切り替わり、
その後はアプリを終了する毎に Contacts や Web など
標準アプリが入れ替わり立ち替わり起動してくるという
変な状態になってしまいました。

すわ何か変なことをしたかと焦って、
その場で電池を抜いてリセットしてしまったのですが、
実はこれ、Desk アプリを Kill したために起きていた現象でした。
  http://www.allaboutsymbian.com/forum/archive/index.php/t-30529.html
そういえば、Psion の Ctrl+Shift+Fn+K も実は Kill 機能で、
デスクトップを Kill した結果として再起動になっていたことを思い出しました。
ちなみに Nokia 9300 でこうなった時は、Desk ボタンを押せば、
また Desk アプリが起動して元に戻ります。

しかし、前回の再起動
  http://blog.so-net.ne.jp/rey/2006-03-06
から 2ヶ月しか経っていないのにリセットを余儀なくされるとは...
Psion 時代よりも利用頻度が上がっているとはいえ
(それでも一日に電源を入れる回数が、5回程度から十数回に増えた程度)、
Psion 5mx + UniFEP と比べるとちょっと不安定すぎる気がします。


nice!(0)  トラックバック(0) 

Python for maemo [Linux/maemo]

Python for maemo (PyMaemo) 1.1
  http://pymaemo.sourceforge.net/cgi-bin/moin.cgi/
のランタイムを、Nokia 770 にインストールしてみました。
CJKcodecs も動きますし、標準出力を utf-8 に指定してやれば
X Terminal Emulator for Nokia 770 (osso-xterm)
  http://770.fs-security.com/xterm/
で日本語が表示されました。

S60 向けの Python for Series60 の場合だと、
ベースとなっている Python のバージョンが少し古くて
皆さんが日本語の取り扱いに苦労されているのですが、
それと比べてあっけないくらい簡単でした。
さすがは Python 2.4...

ちなみに、日本語を扱うサンプルは、以下を参考にさせていただきました。
  http://www.python.jp/Zope/articles/japanese/Python4Japanese-2
  http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~taku/osx/python/encoding.html
ソースは、MacOSX のテキストエディットで utf-8 指定で書いておいて、
USB 接続で MMC にコピーしました。
これだと root 権限を必要としないので、お気楽に試すことができます。


nice!(0)  トラックバック(0) 

DV-RS-MMC でのトラブル [Linux/maemo]

Nokia 770 のパッケージには 64MB の DV-RS-MMC
(dual voltage, reduced size, multi media card)
が付属してきます。
最初はそれを使って実験していたのですが、
音楽を入れ出すとさすがに容量が足らなくなります。
そこで、以前 Vodafone 702NK で使っていた
KINGMAX 製 128MB DV-RS-MMC を入れてみたのですが、
トラブルに見舞われました。

(1) Windows XP SP2 のエクスプローラでフォーマット後、
  Nokia 770 に挿入したところ、Nokia 770 がリブート。
  再起動後も動作が変で、File Manager で見ると
  メモリカードが認識されない。

(2) 702NK に挿入してフォーマット後、
  Nokia 770 に挿入したところ、リブートはしないものの、
  相変わらずメモりカードは認識されない。

そこで、702NK で現用していた
Kingston 製 1GB DV-RS-MMC (eXpansys で購入) を
Nokia 770 に挿入したところ、
こちらは無事に使うことができました。
仕方が無いので当面は、Kingston 1GB を Nokia 770 で、
KINGMAX 128MB を 702NK で運用することにします。

ちなみに、KINGMAX 128MB が認識されない理由は不明のままです。
これまでに酷使してきたので痛んでいるのか、
Windows XP でフォーマットしたのが悪かったのか、
そもそも相性の問題があるのか...
なんにせよ、認識できないカードを挿入するだけで
リブートしたり動作不安定になる Nokia 770 の現状は
ちょっといただけません。


nice!(0)  トラックバック(0) 

Nokia 770 ソフトウェアアップデート [Linux/maemo]

あきらんさんの新しい blog
  http://www.akiran.net/blog/2006/05/nokia_770.html
を見て、私も Nokia 770 のソフトウェアを最新版に
更新しました (3.2005.51-13 → 5.2006.13-17)。
一回目には、PC 側の画面表示が 10% から進まないという
症状が出ましたが、一度 770 の電源を落としてからやり直したら
うまくいきました。

しかし、アップデート途中に電源を落としても良いという仕様は、
レンガ (いや 770 の形状だとかまぼこ板か?) になる心配を
しなくて済むので、気が楽ですね。


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。