So-net無料ブログ作成

ThinkPad X60 と b-mobile hours で困った [PC/一般]

外出時の通信手段として、b-mobile hours を愛用しています。
  http://www.bmobile.ne.jp/personal/hours/index.html
私の場合、多くても月に数回、接続時間は数分から数時間と
ムラのある利用パタンなので、これならば
実質的に定額のように使えて重宝しています。

しかし、ノートPC を ThinkPad X60 に替えたところ、
PHS 接続は問題ないのですが、無線LAN ローミング (bスポット) 接続が
エラー 3001 で失敗するようになりました。
調べたところ、どうも ThinkPad X60 にプリインストールされている
ThinkVantage Access Connections という制御ソフトと
競合しているようです。
  http://www.bmobile.ne.jp/support/qa/bAccessQA.htm#q46

そこで、同ソフトを一時的に無効にして bアクセス hours に
制御を渡そうと思ったのですが、その方法が見つかりません。
もちろん、ThinkVantage Access Connections を削除すれば
解決する話ですが、自宅では無線 LAN と有線 LAN の切り替えを
このソフトに頼っているため、
残念ながらアンインストールすることはできません。

そういう状況で、無線LAN ローミング (bスポット) 接続は
今のところ使えずにいます。
私の使い方だと、もともと行動範囲に無線 LAN スポットが少ないのと、
PHS 側の接続速度でもそこそこ使えるので放置していますが、
もったいないことです。


トラックバック(0) 

第77回スマートデバイス寄り合いの報告 [オフ会/スマートデバイス寄り合い]

2007年6月23日に開催された、第77回スマートデバイス寄り合いの
参加報告をします。参加者は延べ 11名で、初参加者はいませんでした。
今回、メモを取っていなかったので報告の量は少ないです。ごめんなさい。

(1) ぶるじょあまっぷ UIQ3 / S60 3rd ed. 版

ま~さんによって開発された、UIQ3 / S60 3rd ed. 版「ぶるじょあまっぷ」
のデモが一般公開に先立って行われました。

オリジナルである M1000 版「ぶるじょあまっぷ」は、
TMX さんが開発された bluetooth GPS 対応地図表示アプリケーションで、
C++ で書かれたネイティブアプリというだけでなく、
サーバを用いた住所検索や「どこどこぼくら」のような
ユニークなサービスとの連携まで実現されており、
M1000 ユーザ間でキラーアプリとまで呼ばれていました。
当時データ定額料金コースの無かった M1000 で
地図を全てネットワーク上から取得することから
「ぶるじょあ」の名前が付いたそうです。

今回のデモで、Nokia E61 上で動いていた「ぶるじょあまっぷ」は、
同じ E61 上の Mgmaps などに比べても高速で、
なかなか使い勝手のよいアプリに仕上がっていました。
現在、ま~さんのサイトで公開されています。
  http://www29.atwiki.jp/ma_digilife/pages/39.html

これに対して、今後の機能強化の要望や、オフライン地図ダウンロードの話、
Symbian C++ アプリの UI 間移植性の話 (意外に簡単だったそうです)、
bluetooth GPS には W-CDMA 携帯電話機のような特例規則が見当たらないので
実質的に個人輸入品の利用が厳しい、などの話が出ていました。

(2) HMD (ヘッドマウントディスプレイ)

安価な HMD を帽子のつばに付けて、VAIO typeU の出力を見るという
システムのデモが行われました。
外見のインパクトもかなり大きかったのですが、
意外に画像がよく見えることへの驚きや、
画像を見ながら歩いてみるとふらつくことなど、
実際に体験することで見えてくる諸々が収穫でした。
課題は多いとはいえ、小さなデバイスの最終出力先としては
今後も発展してもらいたい分野だと感じました。

(3) 電子ブック端末

iRex iLiad にいろいろな USB 周辺機器を繋ぐデモが行われました。
iLiad で採用されている E-Ink の電子ペーパーは
かなりコントラストが高くて、寄り合い会場のような
薄暗い場所でも表示内容を読むことが可能なのですが、
それでも USB ライトは更に読みやすさを増してくれるという点で
かなり有効と感じました。
  http://d.hatena.ne.jp/ma_digilife/20070609

また、iLiad で UIQ3 SDK のドキュメント (CHM = Compiled HTML Help) を
読むために、CHM→PDF へ変換するデモが行われました。
変換手順は、マイクロソフトの HTML Help Workshop
  http://www.microsoft.com/japan/office/ork/2003/tools/BoxA02.htm
で Decompile した後、Adobe Acrobat 6 で web ページを変換していました。
デモでは、UIQ3 SDK ドキュメントの全階層を変換した訳ではありませんが、
変換後の pdf ファイルを iLiad で読むと
描画・リンク移動ともに実用的な速度で動いていました。
ただし、全階層を変換しようとするとエラーが出るという報告もあり、
追加検証が必要そうです

(4) ハンドヘルドコンピュータのその後

発売 10周年を迎えた Psion Series5 をネタに、
当時 MobileGear や Jornada などたくさんあった
ハンドヘルドコンピュータが、それなりに便利にも関わらず
なぜ無くなってしまったのかという議論が起こりました。
結論は出ませんでしたが、やはり明確な需要が無く
小型軽量化したノートPC との差別化ができなかったのだろうと
思われます。
関連して、新しく登場した Palm Foleo の意味についての
話題もありました。

報告は以上です。
次回の寄り合いは、2007年7月28日(土曜日) の予定です。


トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。