So-net無料ブログ作成
検索選択

Nokia Web Browser と Amazon.co.jp [SymbianOS/S60]

先日、書店で面白そうな本を見つけたので、
ふとアマゾンで書評を検索しようとしました。
ところが、Nokia E90 (200.34.73) の Nokia Web Browser で
同トップページ
  http://www.amazon.co.jp/
アクセスすると、アマゾンの携帯向けサイトに飛ばされた上で
  「お客様のユーザIDを取得することが出来ませんでした。
   (中略)
   なお、Amazon(TM)モバイルサービスをご利用いただく
   ためには、お客様がお使いの携帯電話がユーザIDを
   送信可能な設定になっていることが前提となります。」
とのメッセージが表示され、検索させてもらえませんでした。
アクセスラインには依存しないようです。

推測に過ぎませんが、Amazon.co.jp は Nokia Web Browser の
User Agent を携帯電話と認識していて、かつ
携帯電話はユーザ ID (個人情報では無いもののユーザを一意に特定可能な情報)
を送ってくるという前提でシステム設計されているのだろうと考えています。
そうだとすると、嫌な設計ですね。


以上、ピードラさんのサイト
  http://gogosmartphone2.vox.com/library/post/s60そろそろnokia-web-browserも仕様を見直す時期に来ているんじゃないか.html
を読んで思い出したものの、vox.com は非登録者にとってコメントも
トラックバックも付けられないので、代わりにここに記しておきます。


第87回スマートデバイス寄り合いの報告 [オフ会/スマートデバイス寄り合い]

2008年4月26日(土曜日)に開催された、第87回のスマートデバイス寄り合い
  http://digilife.bz/blog/?p=1589
  http://www.symbian-dev.com/index.php?%B4%F3%A4%EA%B9%E7%A4%A4
に参加したので、簡単に報告します。参加者は 13名でした。


(1) CradlePoint PHS300

USB 接続された携帯電話端末を使って、WiFi ホットスポット
(NTT の登録商標の方ではなくて、一般名詞としてのホットスポット)
を実現できる、無線LAN ルーターです。
  http://www.cradlepoint.com/phs300/phs300.php
小型軽量で充電池駆動、Infrastructure mode で動作することが特徴です。
ぜひ、定額 WAN 回線との組み合わせで使いたい機械ですね。

電源投入時に自動的に空いている無線LAN チャネルを探してくれる
機能もあるそうですが、その後無線LAN の過密地帯に移動した場合などは
混信しないのかという点が気になりました。

あとせっかくなので、私が愛用している bluetooth アクセスポイントである
ハギワラシスコム B-PORT II (HNT-BPORT/F) + PHS (b-mobile hours)
  http://www.hscjpn.co.jp/products_s.php?idno=174
と並べて写真を撮らせていただきました。
そういえば、無線LAN ルータの先輩格である Corega APRS-11
  http://digilife.bz/blog/?cat=44
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2006-04-29-1
  http://www.corega.co.jp/product/list/wireless/wlaprs11.htm
も並べれば良かったな、というのは後の笑い話。
20080425_phs300+bportII.jpg


(2) Nokia N82

黒色モデルが登場、早速お持ちの方がいらっしゃいました。
  http://europe.nokia.com/phones/n82
3.5mm のヘッドフォン端子 (Nokia A/V 端子) を持っていたり、
bluetooth A2DP プロトコルの実装が、bluetooth 本家たる
Sony Ericsson の P1i と比べてかなりしっかりしているなど、
ポータブル AV プレイヤーとしてもなかなか優秀だそうです。


(3) Softbank X02NK (Nokia N95)

発売開始された X02NK ですが、残念ながら参加者には
まだ入手できた人がおらず、見ることができませんでした。
代わりにという訳ではありませんが、N95 8GB をお持ちの方がいて、
N82 との比較などが行われていました。
  http://mb.softbank.jp/mb/product/X/x02nk/
  http://europe.nokia.com/n958gb


(4) ディジタルペン

Nokia Digital Pen を研究中のま〜さんが、
専用ノート作成の成果などについて説明されました。
  http://digilife.bz/blog/?cat=69
1万円程度で買えるプリンタで作成できるが、
プリンタによって調整が欠かせないとのことです。
また、紙をかなり選ぶという話から、どこからどんな紙を
買うべきかなどの話題が盛り上がりました。

作成されたノートを使わせていただきましたが、
システム手帳にぴったりマッチした、かなりの力作です。
小さな文字を書いても認識ミスの形跡もなく、
色が若干濃いものの SU-1B の青色インクでは問題なく書けました。


(5) IP 電話談義

職場の内線電話に IP電話を使った実例の話など。
 アジルフォン
  http://www.agile.ne.jp/agilephone.php
 PASSAGE DUPLE
  http://www.docomo.biz/html/product/cordless/index02.html#01
特に前者は、Nokia E61 などがあれば携帯電話回線でも使えますし、
前述の無線LAN ルータを使うと、イベント会場などでも
簡単に内線を設営できる可能性もありそうです。


(6) その他

LG から Nokia N90 のようなクラムシェル型の携帯電話が出る話や、
前述の Nokia N82 にヘッドマウントディスプレイを繋ぐ話、
bluetooth ヘッドフォンの話など、いつものように
いろいろな話が盛り上がっていました。

次回は、5月24日(土曜日) の予定です。


Intel と Psion の「Netbook」 [PC/一般]

どうでもよい話。
インテルが NetTop / NetBook というアーキテクチャ(?) を発表しました。
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0403/idf01.htm
この名前を聞いて、あれと思ったのは私だけでないと思います。
Psion Teklogix が販売していた netBook / NetBook Pro と
商標は競合しなかったのでしょうか?


Lui を見てきた [PC/一般]

私はどうも、あまり他の人が注目しない、あるいは呆れるような製品に
惹かれる傾向があるようです。
発表から 4ヶ月近く経って、ようやく発売がアナウンスされた
NEC のホームサーバ・クライアントソリューション「Lui」の
コンセプトが気になっています。
  http://121ware.com/lui/

私は今、自宅の PC 環境は大容量 HDD を積んだ ThinkPad X60 に集約して、
外出時もそのまま持ち出すようにしています。これは、
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0622/mobile346.htm
の物まねなのですが、外出時でも同じ環境・データを使えることは
思っていた以上に快適ですし、管理の手間も掛かりません。
ただし、X60 はモバイル系 PC としては重量級の部類に入りますし、
出張時などは仕事の道具も多いので、結局持ち出せず
スマートフォンでお茶を濁すことになりがちです。

Lui に注目したのは、自宅に置いた PC を、外出先から
遠隔操作するという使い方を提案している点です。
こうした手法自体は目新しいものではなくて、例えば
Windows には以前からリモート接続機能 (RDP) が搭載されていますし、
他のアーキテクチャにも VNC や X-Window などが存在します。
ただ、何度かこれらを使おうとしてみましたが、
外出先から自宅への安全なアクセスの確保や、パフォーマンスの問題があり、
素人がなかなか日常的に運用できるものとは思えませんでした。
# 仕事では、きちんと VPN を張ってこれらを使っているので、
# ちゃんとした機材と管理を投入して用途を絞れば
# 使いものになることは知っています。


先日、時間が合ったので、Lui のタッチ&トライイベントに行ってみました。
リモータ (ノートPC型) のハードウェアは、NEC らしい
「高級感のかけらも無いが、軽量」な端末で、好印象。
無線 LAN 経由で使ってみると、遠隔操作自体は軽快なものの、
特に Windows のデスクトップ画面の表示の荒さが気になりました。
これはユーザがキーボードで画質優先と操作性優先を切り替え可能で、
確かに画質優先にするとローカルな画面と遜色無い表示になりましたが、
今度はマウスカーソルの動きが相当カクカクします。
せめて、帯域の空き具合や今写っている画面に応じて
自動調整くらいして欲しいと思いました。
ただし、画像圧縮の都合か、キーボードを打ってメモ帳に書き込む時には
操作性優先時でも問題なく綺麗に表示されたので、実用上は
妥協点が見いだせるかもしれません。

あと、現状では無線/有線LAN 以外の接続手段は無いとのことなので、
説明員に PHS などは使えないのかと訊いたところ、メーカーと交渉中(?) で
ドライバが提供できるようになればアップデートして使えると言われました。
期待しないで待つ必要がありそうです。
それから、出張時には仕事用のノートPC を持ち歩いているので
その上で動くアクセスソフトが欲しいと言ってみたのですが、
今のところは無いとの返事でした。かなり残念。

Lui は、PC としてはかなり価格が高いこともあって
すぐには手を出せないのですが、
こうした問題点が解消された後継機種や、他社からも
同様のコンセプトを出して競ってくれたら良いなと思います。
これまでファイルの同期などをいろいろ試してきましたが、
もういいかげん環境のサブセットを持ち歩くことは止めたいのです。


Nokia PC Suite も Smartphone companion を目指す? [SymbianOS/S60]

Nokia PC Suite を Ver 6.86 に更新したところ、
いつの間にか画面構成が大きく変わり、
接続中にはカレンダーの内容や届いたメールが
PC Suite 画面上に表示されるようになりました。
  http://www.nokia.co.jp/support/software/pcsuite/index.shtml
  http://symbian.way-nifty.com/mobile/2008/04/nokia_pc_suite_983f.html

これを見て思い出したのは、Palm smartphone のコンパニオンデバイスである、
「Palm Foleo」です。
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0601/hot489.htm
  http://blog.palm.com/palm/2007/09/a-message-to-pa.html
残念ながら発売中止になってしまいましたが、Foleo は、
従来の「PC の補助デバイスとしての PDA」とは逆に、
ほぼ常にオンラインであるスマートフォンが全てのメッセージ
(メール、音声通話、予定など) を掌握しつつ、
大きな画面と使い易いキーボードを有する Foleo でそれを補佐する関係を
提案したという点で、注目すべきコンセプトだったと思います。
おそらくは、軽薄短小化が進むノートPC や UMPC との差別化が
充分に行えなかったために世に問えなかったのだと想像しますが、
使い道は全く異なるデバイスと言えます。
どちらが良いのかは人によって違うのでしょうが、
私には、コミュニケーションや予定管理だけに使う分には、
とてもすっきりした使い方のように思えます。

従来の Nokia PC Suite は、Psion の Psiwin と同様に、
「PC の補助デバイスとしての携帯電話」にデータを転送する/持ち出すことを
主体にした接続ソフトだったと思います。
ところがこれらの新機能は、一部とはいえ Foleo に近い機能を
提供するという点で、PC Suite が大きく舵を切ったのだと理解しました。
今はまだ、PC での使い勝手は必ずしも良くありませんが、
こうした機能が進化していけば、Nokia 自身はハードウェアを発売しなくても、
EeePC 等シンクライアント指向の PC が
スマートフォンのコンパニオンデバイスとして普通に使われる、
そんな時代も来るのかなと期待してしまいます。


イーモバイルのサービスエリアの広がりに驚く [携帯電話一般]

転居に伴い、暫くの間インタネット環境が使えなくなるのを機に、
評判の高いイーモバイルのデータ通信を使ってみました。
  http://emobile.jp/
ただし、既に b-mobile の PHS は持っていて比較したかったのと、
転居先で使えるかどうかが怪しかったので、レンタルを選択。
レンタル業者は幾つかありますが、7.2Mbps でキャップ制をラインナップしている
BIGLOBE の高速モバイルを申し込みました。
  http://join.biglobe.ne.jp/mobile/hsdpa/index.html
  http://kakaku.com/bb/mobile_comm.html

申し込んだ端末は、USB 接続タイプの D02HW です。
  http://emobile.jp/products/
既に BIGLOBE の ID は持っていたので、web 申し込みから数日で到着。
おそらくイーモバイル製品そのものと思われるパッケージに、
BIGLOBE での変更点を書いた紙が追加で入っていました。
接続ソフトの初期値はイーモバイルのそれになっており、
設定を BIGLOBE 用に書き換えなければならないのですが、
説明がやや判りづらいことが気になりました。

そこだけクリアすれば、後は快適。
データ転送速度も、測定はしていませんが旧宅の ADSL より
少し遅いくらいで、あまり気になりません。
驚いたのは、新興住宅地の新居はもちろん、周りに住宅の無い立地の職場や、
出張中の東海道新幹線の中でも快適に使えたことです。
登場時には首都圏の一部しか使えないと聞いていて、
実際に東京23区から目と鼻の先の旧宅でも使えなかったのですが、
今はずいぶん実用になるのだなと実感しました。

あと、D02HW を実際に使ってみて感じたことが二点。
一つは、ノート PC を使う度に USB 接続するのは面倒なので、
速度を犠牲にしてでも bluetooth 接続が可能な端末が欲しくなります。
ただし、S11HT あたりではかなりの重量増になるのが悩ましいところ。
もう一つは、Windows XP で使う分には良いのですが、
iBook G4 で使うと、一旦接続すると CPU 利用率がずっと 100% 近くを
キープするようになってしまい、web 閲覧などがかなり遅く感じます。
接続を切っても利用率が戻らない時も多く、
Mac (Power PC) 用ドライバの出来は今ひとつと思いました。


スマートデバイス寄り合い幹事団交代のお知らせ [オフ会/スマートデバイス寄り合い]

スマートデバイス寄り合いでは、幹事個人の負荷を減らして
長続きさせることを狙って、幹事団の形を採っています。
これまで私もその一人としてお手伝いをさせていただきましたが
(と言っても日にちを決めてアナウンスするだけですが)、
四月より転勤のため寄り合いへの定期的な参加が難しくなります。

幸い、UIQ・S60 用日本語 FEP「M-FEP」シリーズの
開発などでご活躍のま〜さんが、新たに幹事団の一人として
参加してくださることになりました。
今後のアナウンスは、新しい幹事団から出るようになりますので
皆さんよろしくお願いします。


第86回スマートデバイス寄り合いの報告 [オフ会/スマートデバイス寄り合い]

2008年3月22日(土曜日)に開催された、第85回の
スマートデバイス寄り合い
  http://www.symbian-dev.com/index.php?%B4%F3%A4%EA%B9%E7%A4%A4
の報告です。ごめんなさい、今回も簡単に...

(1) htc Shift

htc から登場した UMPC です。
Windows Vista だけでなく、Windows CE も切り替えて動作するという
面白い特徴を持っています。
作りがカッチリしていてとても魅力的でしたが、
ディスプレイがスライド後に立ち上がる特徴的なギミックは
やや不安があるという声もありました。

(2) その他

じゃんけん大会とか。

次回は、4月26日(土) の予定です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。