So-net無料ブログ作成
検索選択

インドで携帯電話を見てきた [スマートデバイスを取り巻く環境]

休みが一週間ほど取れたので、どこか暖かいところへということで
2月下旬にインドに遊びに行ってきました。
広い国なので、ごく一部の観光地を駆け足のツアーで回っただけですが、
そこで見かけた携帯電話関係について書いておきます。

日程: 2010年2月18日〜25日
行程: デリー(首都)→アグラ(タージマハールで有名)→ヴァラナシ(ガンジス河の沐浴で有名)→デリー

今回持って行ったのは、
  ・Docomo NM706i (i-mode 用)
  ・Nokia N97 (データ通信、音楽プレイヤー用)
  ・Nokia N810 (写真バックアップ用・NM706i での通信テスト用)
の 3台で、後述のように現地で携帯を一台買い増しました。
以下、箇条書きで。

・街や観光地では、携帯電話で電話している人をたくさん見かけました。
  - 歩きながら、自転車をこぎながら、バイクを運転しながら (ヘルメットに挟み込んだりとか)、
   車を運転しながら... などなど。電車の中でも普通に通話しています。
  - ガイドさんは、SMS を頻繁にやりとりしていました。
  - いろいろなシステムが、SMS で構築されていました。鉄道の予約状況確認とか。
  - ただし、携帯電話を片手にしている子供は、ついぞ見かけませんでした。
   ついでに、ゲーム機を使っている子供も見かけず。
  - 電車の中では、携帯電話のスピーカーで音楽を鳴らしている人も見掛ける。
・携帯電話キャリアは、全国区のキャリアと地域別のキャリアがある。
  - Aircel, Idea, Airtel, Tata, Reliance mobile, BSNL など。
  - 手動サーチすると、聞いたことの無いのも含めて 10個くらい見つかる。
     http://www.flickr.com/photos/rey_k/4394825023/
  - BSNL が国営系(?) だそうで、一番安いのだそうな。
・ガイドさんが、インターネットが全国で使える一番良いキャリアだと紹介してくれたので
 Airtel の prepaid SIM を買いました。
  - 空港では時間が無かったので、翌日街中の携帯電話屋で SIM を購入。
  - 購入には、パスポート・ビザのコピーと、顔写真が必要。
   現地で撮影したれど、時間が勿体無いので予め持参するのが無難。
  - SIM は Rs.100 (約200円) で、Rs.28 分のチャージが付いていた。
   インタネット接続には心許ないので、その場で更に Rs.100 払って追加チャージ。
   でも手数料とかが掛かるので、使える分は合わせても Rs.90 も無い。
  - 接続は GPRS のみ。幾つかコースが選べるが、高々一週間の滞在なので、
   Rs.18 で 200MB/3日間のコースを選択。残高のある間自動継続される。
     http://www.flickr.com/photos/rey_k/4395613002
  - 購入が夕方で、既に Airtel の電話窓口が終了していたので、
   GPRS の申し込みは翌日からだと言われた。
   でも、翌日調べたら *567*1# の SMS で手続きできたので、
   もしかしたら当日から使えたかもしれない。
・N97 での GPRS 通信はそれなりに使えるが、なぜか時々通信に失敗する。
  - 特に困るのが GMail (MIDP app.) で、何度か繰り返せば受信はできるものの
   送信はほとんどできなかった。
  - 使っていた中で一番快適な通信手段は、twitter だった。
   Gravity で使っていると、日本での 3G 接続とあまり差異を感じない。
  - web ブラウズは、パケット量を減らせる Opera mini が快適。
・SIM を買ったお店で、記念に現地メーカーの携帯電話も購入。
  - Micromax Q5 という、某 BlackBerry によく似た形の携帯電話で、
   Rs.6000 (約12,000円)。Nokia の普及機と同じくらいの価格帯。
    http://www.micromaxinfo.com/products/q5fb.html
  - ソフトウェアは中国製だと言っていたので少しだけ期待したけれど、
   漢字フォントは入っていなかった。残念。
  - 格好は Blackberry だが、利用サービスは Facebook を
   全面に押し出している。Opera mini 4.2 も入っている。
  - ちゃんと SIM は 2枚入る。
  - powered by YAMAHA と書いてあるけれど、ヤマハのロゴは本物と違う^^;
・ガイドさんの話では、Nokia がベストな携帯電話メーカーだそうだ。
  - その次が SAMSUNG、その他 Sony Ericsson, Motorola, LG,
   BlackBerry も入っているとか。
  - インド国内メーカーとしては、先の Micromax が全国展開している他、
   ローカルにも Sky, Birds, Blue があるそうだ。
   Birds のは見せて貰ったけれど、いかにも山寨機っぽい感じ。
  - 私が買ったお店のウィンドウに飾られていたのは、Nokia が半分くらいと
   あとは現地メーカーという印象。
・市街地は、各携帯電話キャリアの屋外広告で溢れていた。
  - Airtel, Vodafon, Idea, Reliance mobile などは、いづれの街でも
   大量に広告を見掛ける。
  - 郊外では、通り沿いの車庫のシャッターを、ずらり広告スペースとして
   使っているのが印象的だった。Vodafon が多い。
  - Tata docomo (日本の NTTドコモが出資している) は、
   首都デリーでは全く見かけなかった。ヴァラナシではそれなりの割合で
   広告と携帯電話ショップを見かけたので、地域依存性が高そうな雰囲気。
  - 携帯電話メーカーの屋外広告は、キャリアに比べればかなり少ない。
   一番多かったのは Nokia.
・携帯電話ショップは、修理まで行う専門店から、街の雑貨屋っぽいところまで多様。
  - 小さいところはリチャージだけ? (recharge point の看板を揚げているところもあり)
・ドコモの国際ローミング (WORLD WING) も使ってみました。
  - 特定事業者 (パケット代が割引になる) の DOLPHIN, CellOne は
   都市に依るがどちらかは繋がって、N97 でパケット通信もできた。
   しかし、NM706i で i-mode に繋がらず。
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/outline/data_packet.html#data00
  - 同じ NM706i で、手動で Airtel を選択したら i-mode も使えたので、
   DOLPHIN, CellOne の問題っぽい。
・デリーの街中にも、結構大きな携帯電話用と思われるアンテナが幾つも立っていた。
  - 日本で見掛けるアンテナに比べて、あまりコストは掛かっていないように見えた。
  - 郊外に行くと、本当に大きなアンテナタワーがあちこちに立っている。
  - 電車で都市間を移動していると、Airtel の GPRS は 8割方繋がっている。
   圏外になったのは、だいたい人が住んでいないサバンナっぽいところ。
・デリー空港 (インディラガンディー国際空港)
  - 搭乗ゲート付近には無料無線LAN があったが、N97 で接続できるのにインターネットに繋がらず。
    http://www.flickr.com/photos/rey_k/4401040865
  - 無料の Internet KIOSK があり、いかにも PC の安いキーボードが繋がっているのに、
   Mac OS X が動いていた (中身は Mac mini なんだろうか??)。
   安直に各国語対応するには、確かに良いのかも。
    http://www.flickr.com/photos/rey_k/4396368568/

こんなところです。
携帯電話関係の写真は、以下で公開しています。
  http://www.flickr.com/photos/rey_k/sets/72157623533227620/
場所などの情報は、それぞれの写真の Tag を参照。
移動中の車や電車の中から写したものが多いので、
ブレたりカブったりしているのはご容赦を。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。