So-net無料ブログ作成
IrDA(赤外線) ブログトップ

Psiloc plBeam [IrDA(赤外線)]

Psion 5mx を再度使い始めたことは先に書きましたが、
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2008-10-25
これにより、割と快適に blog の下書きを書いています。
日本語環境は、UniFEP V2 をインストールして
(昔使っていた 5mx が壊れてライセンスが余っていた)、
標準の Jotter に書き貯めるスタイルです。

ただ問題になるのは、書いたテキストを PC に持ち込む手段です。
物理的には CF (Compact Flash card) を使うのが簡単ですが、
5mx (というか EPOC Release1~5) の問題点として
PC と 5mx の双方からカード書き込みをしていると
場合によっては FAT ファイルシステムが壊れることがあるので、
あまりこの方法は採りたくありません。

幸い、うちの ThinkPad X60 (Windows Vista Business) には
赤外線ポートが付いているので、
赤外線 (IrDA) でファイルのやりとりをしようと考えました。
まず、5mx と他機種の間で赤外線でファイル交換をするには
必須なソフトである、Psiloc の plBeam をインストール。
  https://www.drmcommonsolutions.com/Psion/plbeam.aspx
Psiloc は、Psion 時代のソフトウェアは無償公開してくれていて、
  https://www.drmcommonsolutions.com/Psion/Default.aspx
からレジストリキーを入手できます。
この姿勢は、他の企業にも見習って欲しいところです。

次に、plBeam を使って、実際のテキストファイルの転送です。
X60→5mx の転送はうまくいくのですが、
逆に 5mx→X60 の転送に失敗します。
念のため、間に Nokia E90 (S60 3rd edition Feature Pack 1)
を挟んで、5mx→E90, E90→X60 という転送はうまくいきます。
以前に Windows2000 マシンで使っていた時は問題なかった
記憶があるので、Vista では何か非互換性があるのかも知れません。

IrDA(赤外線) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。