So-net無料ブログ作成

デジカメ写真と位置情報 [GPS]

最近デジカメを買い替えて、ふとした日常風景を写すようになりました。
今はなんでもない景色が、数十年後には貴重な思い出になるかもしれないと思うと、
あまり凝ったことを考えなくてもシャッターを切れるので不思議に思います。
フィルムに比べてランニングコストが劇的に下がったことが
背景にあるのは間違いないでしょう。

そうして増えた写真の整理には、「Picasa2」を利用しています。
撮った写真を加工したりするのは面倒なので、
全て項目別のフォルダに入れておいて後で見るだけの使い方なのですが、
無料なのに簡単に使えるので重宝しています。

さて、この Picasa2 にはジオタグの機能があります。
Google Earth と連動して、写真に位置情報を付加したり
そうした写真を地図上に表示したりしてくれるのですが、
実際に使ってみると非常に楽しく、また整理方法としても
優れていることが理解できました。
なんといっても、同じ場所を複数回訪問した時の写真を
見比べることが面白いです。

そうこうしているうちに、写真を取り込む都度
手動でジオタグを付与していくのに飽きて、
GPS で自動的に付与したくなってきました。
調べると、ソニーが手軽なデジカメ用GPSユニット「GPS-CS1K」
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0908/hot444.htm
を発売しているそうですが、毎日乾電池を入れ替えて
いつ発生するか分からないシャッターチャンスに備えておき、
写真取り込み時に GPS 情報とマッチする操作を行うのは、
それはそれで大変そうです。
当面はこうした機器に頼るしかないとしても、将来的には
一般的なデジカメが GPS 機能を搭載するようになって欲しいと思います。

あるいは、デジカメがパーソナルなものであるということを前提に、
一緒に携帯している確率の高い携帯電話で位置情報を常時取得、
サーバに転送蓄積して、自動で写真ファイルに付与するような
仕組みを作るのも面白いかも知れません。
# 私はやっていませんでしたが、アマチュア無線と GPS を組み合わせて
# 位置情報をやりとりする「ナビトラ」が先駆者として参考になりそうな気がします。


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。