So-net無料ブログ作成

VAIO X を Windows 8.1 へ移行 [PC/一般]


Windows 8.1 がリリースされたので、
持ち歩き用に現用の VAIO X を
Windows 8→8.1 に更新しました。
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2012-12-30-2

Windows 8 に比べると、
 (a) 起動 (コールドブート) は更に速くなった。
 (b) Win+I で出てくるメニューが強化されて、従来のコントロールパネルとの
   使い分けで迷うことが少し減った。
 (c) CPU 負荷が高い時に、たまに画面が
   ブランクアウトする時がある (数分の一秒程度)。
 (d) iPod shuffle を接続した時に、うまく充電されないっぽい?
という辺りに違いを感じます。
きっと、タッチパネル搭載機で使うと、もっと楽しい点があるのでしょうね。

前記 (c),(d) は、VAIO X がソニー公式に
Windows 8.x サポートされていない故の問題の可能性もあるので
もう少し調べてみないといけません。

enchantmoon [Linux]


UEI の手書きタブレット(?) enchantmoon を購入しました。
 http://enchantmoon.com/
予約開始日 (4月23日) の 21:30 頃にアスキーストアで予約、
8月25日に届きました。

個人的に一番気に入っている点は大型のハンドルで、
これまでタブレットでは一番のイノベーションと思っていた
iPad のスマートカバー (風呂の蓋状の蓋をパタパタと畳むと
がっしりと掴める持ち手が出現する) よりもさらに好い感じです。

登場時には手書きの書き味 (ペン軌跡への追従性) が話題になりましたが、
むしろこれは、(Emacs が文字入力すら lisp コマンドで構成されていて
自由にカスタマイズできるのと同様に) 通常機能のあちこちに
JavaScript やそのラッパーである MOONblock が仕掛けれていて、
遊べる「生活環境」な点が楽しいタブレットだと理解しました。
 http://togetter.com/li/590181
 https://twitter.com/mnishi41/status/400980298747219968
> まあその辺、半分は本気で「紙を今再定義するんだったら、
> プログラム環境がセットになってくるのは当たり前だろ」という
> 思想なんだよな
という意見に同意します。

ただ、CPU などのハードウェア水準がそれに見合っておらず、
MOONblock の動作は緩慢としていて、
その辺まで昔 X68000 で Emacs (Nemacs) を使っていた頃と
似ているなと感じてしまいました。
もしも、このソフトウェアが Surface Pro 2 や iPad Air のような
高速なハードウェアで動いたらどんなだろう、と
つい想像してしまいます。

また手書き中心な故に JavaScript は外部から PC で書くことになり、
手軽な楽しさをスポイルしていると感じます。

とはいえ、「シール」による機能拡張や、
web との親和性など、現状でも面白い点は多いです。
なにより、プログラミングできる道具という考え方は面白くて、
これからも楽しく遊べそうです。

Nokia Lumia 620 [WindowsPhone]


1月の話なので既に一年近く前ですが、
Nokia の Windows Phone 8 スマートフォンである
Lumia 620 を購入しました。
  http://www.nokia.com/global/products/phone/lumia620/
1shopmobile で USD 295.00 + 送料25.00 で購入。
1月15日の深夜に注文して、EMS で 19日に到着。

これは私にとって初めての Windows Phone 8 端末で、
前世代の Lumia 710 (Windows Phone 7.8)
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2012-12-30
に比べても、動きはさらに滑らかな印象です。
Microsoft のシャーシ戦略のおかげか、この体験を
当時 3万円クラスの普及機で得られるのが
Windows Phone らしい美点だと思います。

筐体はコンパクトで、手のひらにすっぽりと収まり、
Lumia 710 よりも片手操作がし易いと感じます。
また、電話の音量・音質が送受信ともしっかりしていて
Nokia らしいというかなかなか好みです。

筐体 (外装) はポリカーポネートだと思いますが、
見栄えや手触りが良い反面、取り外してみると
意外に分厚くて重いものです。
実際の本体は非常にコンパクトで軽いので、
これを生かす筐体が欲しくなりました。

ソフトは徐々に増えてきて、WinPho7 よりは良い状況になってきましたが、
それでも Android や iOS と比べると、
肝心なものが見つからないという感は否めません。
今困っているのは有料読書アプリです。
日本で Windows Phone 端末がほとんど無いので期待薄ですが、
Kindle アプリが日本語コンテンツにも対応してくれれば嬉しいのですが。

「Nokia Con in Japan (仮称)」開催のお知らせ [オフ会/一般]

昨年 http://rey.blog.so-net.ne.jp/2012-07-05 に引き続いて、
Nokiaファンの為のイベント CBNJ 改め
  「Nokia Con in Japan (仮称)」
の開催が決定したので、お知らせします。

告知サイト (参加登録受付) は、
 http://www.zusaar.com/event/886007
です。

当日は、私もスタッフとして参加します。
Nokia や Windows Phone, Symbian, S40, MeeGo,... など
お好きな皆様と、当日お会いできることを楽しみにしています。

Samsung Galaxy Chat GT-B5330 [Linux/Android]

紹介するのが遅くなりましたが、1月に
Samsung Galaxy Ch@t GT-B5330
  http://global.samsungtomorrow.com/?p=16117
を入手しました。
私が普段見ている通販サイトでは見かけない機種だったのですが、
某氏がマレーシア (Plaza Low Yat) で撮られた写真を
twitter で拝見し、一目惚れしてひとり騒いでいたら、
なんと現地で代理購入してくださいました (499RM)。
たいへんお世話になりました。

Galaxy Chat の特徴は、使いやすい前面 QWERTY キーボードと、
可愛らしい筐体サイズです。
キーボードの形式は普通のプチプチキーボードで
デザイン的にも特に変わった感じは無いのですが、
一つ一つのキーの形状が絶妙で押し間違えが無いのと、
押した感触がとても気持ち好いと感じます。
筐体は、横幅 59.3mm に 3.0インチ縦型画面を収めているので、
片手操作でも画面エリアの 8割がたに親指が届きます。
質量も 112g で、プラスチックの質感と合わせて
とても軽く感じるのも美点になっています。

不満な点としては、メモリ不足 (Chrome for Android が
起動途中で異常終了してしまう)、
せっかく物理キーが使い易いのにカーソルキーが無い点、
たまにバックキーが効かなくなってしまう点くらいでしょうか。
画面が縦 QVGA であるとか、CPU が遅い (850MHz) という点は、
私の使い方ではあまり気になりません。

最後に、本機は購入時には Android 4.0.2 (IceCream Sandwich) でしたが、
スペインでは Android 4.1.2 (Jelly Bean) への
アップデートが始まっています。
  http://www.ibtimes.co.uk/articles/450816/20130327/galaxy-chat-android412-jellybean-xxubmc2-update-release.htm
既に適用された方によると、かなり重くなってしまうそうですが、
Jelly Bean はいろいろ進化しているので、期待したいところです。


【2016年12月4日追記】
このエントリーのみスパムコメントが急増したため、コメント欄を閉めました。

docomo MEDIAS W N-05E を購入 [Linux/Android]

docomo の 2画面折り畳み式スマートフォン、MEDIAS W N-05E を購入しました。
発売日に実機を触りに行ったら、予想以上に出来が良いと感じたので、
在庫のあった 2件目で購入手続き。
ドコモの携帯電話を買い替えたのは、Xperia ray SO-03C 以来一年半ぶりです。
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2011-12-31-2

まだ十分に使いこんでいませんが、以下、とりあえずの感想を。
写真は、うちにあった折り畳み式携帯電話です。

R0019600.jpg


【2画面について】
本機の一番の特徴と言える 2画面構成ですが、かなり使い易いと感じます。
通常は折り畳んだ状態で使っていて、十分に広い画面サイズがありますが、
キー入力が必要な時点で画面を開くと、片側の画面を占拠する大きな
ソフトウェアキーボードが出てきます。
ソフトウェアキーボードで隠れて見えなくなるという心配が要らないので
私のような老眼でも、躊躇無く大きなフォントサイズを常用できるのも
ありがたい点です。

また、サブ画面に登場する専用アプリ Utility Apps (ブラウザ等) もあり、
これが結構良いと感じます。
メイン画面 (左側) で Twicca (Twitter クライアント) を開き、
リンクは Intent で Utility Apps に送ってやると
そのままサブ画面 (右側) で開くので、従来のスマートフォンで感じていた
全画面アプリをいちいち切り替えながら使う面倒から解放された感じがあります。
ただし、サブ画面で使えるアプリは特別なものが必要なので、
使い分けにコツが必要と感じます。

一部の 3rd party software は、全画面表示状態では異常終了したり、
縦横切り替えに失敗して異常終了したりするケースがあります。
メイン画面だけにモードを変更すれば問題ないのですが、
やや慣れが必要な印象を受けました。


【開閉とヒンジ】
ヒンジはかなりかっちりと作られていて、安心感があります。
40度ほど開いた状態で、サブ画面 (消えている) を下に机に置くと、
ちょうどクラムシェル型のノートPC のような感じで閲覧できます。
行儀は悪いですが、食事をしながらメールや Twitter を読むのに楽です。
その場合でも、画面操作 (スクロールなど) してもヒンジが閉じたりせず、
かっちりしています。

DSC_0317.jpg

閉じた状態では、普通のスマートフォンとして何も問題なく使えています。
裏面が表示の消えた画面なのは違和感があるかと思いましたが、
最近の iPhone も両面ガラスなので、似たような印象を受けます。


【大きさ】
自分の中で比較対象が Xperia ray SO-03C なので仕方が無いとはいえ、
折り畳んだ状態でもそれなりに巨大で重いと感じます。
私の持っているスマートフォンの中では、群を抜いて大きなサイズです。
縦が 136mm もあるので、シャツの胸ポケットに入れると
上部がはみ出てしまいます。
横幅も 64mm あり、私には片手操作は厳しい場面が多いです。

同様に質量 183g も、うちにある重量級スマートフォンの
Sidekick 4G (162g) や Nokia E7-00 (176g) よりも重く、
Nokia E90 Communicator (210g) に迫る重量感があります。
ただし割と薄型の上、横幅が広いのでポケットに入れても
重量が分散して重さを感じにくいのは意外でした。

それが、画面を開くと印象が一変します。
完全に両手扱いのサイズなのですが、とても薄くて軽く感じるのが
とても面白いところです。
普段から持ち歩く気になれるタブレットとも言えます。

スマートデバイス寄り合い告知Blog ができました [オフ会/スマートデバイス寄り合い]

スマートデバイス寄り合いについて、
毎月の開催告知はま〜さんの blog
  http://digilife.bz/blog/
で行われてきましたが、
新たに Blogger で「スマートデバイス寄り合い告知Blog」
  http://smartdeviceyoriai.blogspot.jp
が動き始めました。
今後は、こちらを中心に告知や報告などしていきます。
参加表明も、基本的にここのコメント欄に
書き込んでいただけると嬉しいです。

私も、幹事の一人として参加しています。
細かい調整は、動かしながら見ていきますので、
コメントがあればお寄せください。

お風呂で Kindle [電子ブック]

昨年末に購入した Kindle Paperwhite 3G
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2012-12-30-6
ですが、入浴中に使うことが多くなりました。
以前に使っていた Kindle Touch
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2012-12-30-3
の場合、ジップロック フリーザパック
  http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/ziploc/items/freezer.html
に入れた状態ではタッチパネルが反応しなかったのですが、
Paperwhite 3G は同じ状態で問題なくタッチパネルで
ページめくりができます。

もちろん、ジップロックは電子機器の防水ケースではないので、
完全に自己責任での話です。
特に水没した状態には耐えられないと思うので、
風呂桶の上に蓋を半分渡して、その上に
安定したスタンドで置いて使うと、快適です。

Amazon Kindle Paperwhite 3G を購入 [電子ブック]

Kindle Touch Wifi が日本の Kindle ストアで購入した書籍に
対応しないことが判り、代わりに Nexus 7 で読んだりしていましたが、
iPad と同様に
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2012-06-03-1
長時間使うと目の疲れが強いことを実感。
改めて Kindle Paperwhite 3G を購入しました。
  http://www.amazon.co.jp/Kindle-Paperwhite-3G/dp/B007OZNYMU

使い勝手は Kindle Touch Wifi とほとんど変わりませんが、
フロントライトを点灯すると、コントラストが強くなるのか
画面の見やすさは上がったように感じます (年寄り向け?)。
この場合でも、目の疲れは酷くなっていないようです。

フロントライトのおかげで、周りの照明を落とした寝床でも
本が読めるのは嬉しいのですが、この場合には
ページめくり物理スイッチが無い点が使い勝手を落としています。

3G 接続は日本国内のみなので、外では Wifi を使う必要がありますが、
使いどころを間違えなければ便利な道具だと思います。

MacBook Pro 買い替えの顛末 [PC/一般]

自宅の PC を買い替えました。
それも、MacBook Pro から MacBook Pro へ。
いろいろ悩んだ末に自分でも妙な選択をしたなと感じたので、
その過程を含めて記録しておきます。

これまで使ってきた MacBook Pro (15インチ、late 2008)
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2008-10-25-9
は、キーボードとタッチパッドの使い勝手が美点の良い機種ですが、
購入してから 4年が経過し、
 ・充電池が膨らんで機能障害 (バッテリーパック交換で解消済み)
 ・タッチパッドのボタンが盛大にチャタリング (押下の代わりにタッチ操作で回避中)
 ・OS X 10.8 Mountain Lion に更新したら、あちこちの動作が遅くなった
といった問題がぼちぼちと出てきました。
それに約 2.5kg と重いのが難点で、タッチパッドの故障も
Apple Store まで修理に持っていくのが面倒に感じて放置していました。

そこで、最近の軽量大画面系モバイルPCを導入することで
自宅用の MacBook Pro と外出時用の VAIO X の両方を
置換できないかと検討を始めました。
Lavie Z (NEC)
  http://121ware.com/lavie/z/
の重量や速度がなかなか良さそうだったのですが、
電池駆動時間が心もとなくて躊躇していた矢先に、
CPU やメモリの条件の厳しい Windows Phone 8 エミュレーター
  http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35471
が登場。今後数年使うことを考えると、メモリを 8GB 積めることを
条件に入れて再考することにしました。

ちょうど、Windows 8 の登場とともにタッチパネル搭載PC も
出てきたので、新しい使い方を期待してそれらを探したのですが、
意外にメモリを 8GB 積めるものは少なくて、
あっても画面が小さい割に筐体が重く、
あまり VAIO X の代わりに使いたくないものばかりです。
この時点で、VAIO X の後継は来年以降、Haswell 搭載 PC が出揃ってから
改めて考えればよいか、という気になってきました。

自宅用ノート PC だけを対象に考えるようになり、
考慮するポイントは、画面サイズとユーザインタフェース、
それにストレージ容量に移行しました。
前者は、老眼が進んできて文字表示を大きくする必要があるので、
特に縦方向の実寸が短いものは、使い勝手に影響があります。
15インチクラスで、キーボードとタッチパッドの打ち易さ
(センターポジションが妙に偏ったり、キーサイズが大き過ぎない)
を確認した結果、結局 MacBook Pro (15インチ、mid 2012) を選択。
Retina ではない最も安いモデルに、非光沢ディスプレイのオプションを付けました。
  http://www.apple.com/jp/macbook-pro/
さらに、
  メモリ16GB (Transcend JM1600KSH-8G*2枚)
  HDD 1TB (Western Digital WD10JPVT/N)
に換装することで、割と安価に強力な環境を得ることができました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。