So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ThinkPad X60 を修理の旅へ [PC/一般]

前回の修理以降
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2008-01-20-1
しばらく調子よく使っていた ThinkPad X60 ですが、また動かなくなり、
修理に出しました。
メモリは純正で 1GB→2GB に増設し、HDD は市販の 400GB に交換したものです。
まだ解決していませんが、顛末をメモしておきます。


1. 2009年4月下旬まで
 1.1. 特に問題なく使えていた。

2. 2009年5月1日 【最初の症状】
 2.1. 利用途中で、Blue screen of death (BSoD) らしき青画面になって停止。
   文字は崩れていて、メッセージ内容は読めなかった。
   それまで 5時間程度、起動したままでプログラムのインストールや
   ファイルのコピーなどを繰り返していた。
   AC アダプタは繋いでいたと思う。
 2.2. 電源を再投入したが、Vista がブートしない。
   ただし、あまり時間が取れなかったので、(後述のように)
   時間がやたらと掛かっていた可能性は否定できない。
 2.3. 外出の用事があったので、この日は電源だけ落として放置。


3. 2009年5月5日~5月9日
 3.1. 別の PC を使って、PC-Doctor for DOS をダウンロードし、CD-R を作成。
 3.2. AC アダプタと USB CD-ROM ドライブを接続し、前記 CD-R からブート。
   ブート自体は問題なく行われた。
 3.3. その後、PC-Doctor for DOS の Normal test を 5回繰り返したが、
   (電話回線を繋いでいない) モデム以外にはエラーメッセージ無し。
   現象は再現しない。

4. 2009年5月9日~5月19日
 4.1. 現象が再現しないので、諦めて通常使用に復帰させることに決定。
 4.2. USB-HDD にバックアップを取ったが、正常に動作している模様。
 4.3. それ以外の操作 (Internet Explorer 7 の利用、SDHC カードの読み書き等) は
   正常に行えているように見える。

5. 2009年5月19日 【症状が再現】
 5.1. Windows Vista を起動して、通常の利用をしていた。
   その前も、動画の再生などを含めて 3時間程度使っており、
   冷却ファンはそれなりに回っている状態。
   AC アダプタは外してバッテリ駆動。
 5.2. SD カードから HDD へファイルをコピーしつつ、
   Internet Explorer 7 でファイルをダウンロードしていたところ、
   突如 Blue screen of death (BSoD) らしき青画面になった。
   ただし、文字は崩れていてメッセージ内容は読めない。
 5.3. すぐに、AC アダプタと USB CD-ROM ドライブを接続。
   PC-Doctor for DOS を焼いた CD-R を挿入。
 5.4. 電源を落としてから、再度電源を投入。
   ThinkPad のロゴ画面が出たので、ThinkVantage の青ボタンを押す。
 5.5. そこから、指紋認証の画面が出るまで、2分程度掛かった。
   指紋認証させると、通常程度の時間で OK が出た。
 5.6. ブート選択メニュー(?) が出るまで、更に 2分程度掛かった。
   USB CD-ROM ドライブを指定した。
   メニューの選択操作自体は、特に遅さを感じない。
 5.7. PC-DOS が立ち上がり、更に PC-Doctor for DOS が立ち上がるまで
   10分以上が掛かった。
   ある時点から、急に CD-ROM へのアクセスが頻繁になった印象。
 5.8. Normal test を実行。実行自体はこれまでと同程度の速度で進んでいるように見えた。
 5.9. 途中「Conexant Smart Modem Interrupt」の画面まで
   進んだ状態で、動作が止まったように見える。
   その後、6時間ほど放置したが、同画面のまま変化していなかった。
 5.10. 仕方が無いので、電源を切った。


6. 2009年5月20日 【症状が継続していることを確認】
 6.1. 電源を 15時間ほど切ってあった状態 (ただし AC アダプタは繋いだまま) から、
   電源を投入。
 6.2. 指紋認証後、10分以上かけて、ブートデバイスの選択画面が出た。
   内蔵 HDD でシステムが見つけられていないっぽい。
 6.3. レノボのスマートセンターへ電話。状況を説明し、引き取り修理となった。
   その際、「HDD を交換して試すことはできないか」と言われたが、
   元の HDD がすぐに取り出せない状況なので、できないと回答。

7. 2009年5月21日
 7.1. 日通航空の方が、パソコンポの箱を持って引き取りに来てくれた。


現状はここまでです。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。