So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

PsiXpda は UMPC へ [スマートデバイスを取り巻く環境]

最近、自分の中で興味がスマートフォンからノートPC に移ってきていて、
LOOX U/B50N や VAIO X に手を出したりしています。
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2009-03-16-2
  http://rey.blog.so-net.ne.jp/2009-12-20
ちょうどそれについて考えさせられる機会があったので書いてみます。

私が愛用していた Psion 5mx が販売終了した後、
Psion 機器の修理で有名な POS Ltd. が、
5mx (または 5mx Pro ?) のバッチを変えただけに見える PDA 製品を
PsiX PDA という名前でアナウンスしていました
(残念ながら現物を見たことはありませんが)。
  http://www.clubpda.co.uk/products-psixpda.htm

そこが最近、新たに UMPC を使った PsiXpda を発表したというので
Psion 好きな知人の間で話題になりました。
  http://www.psixpda.com/
そうした人々の間では、割と否定的な感想も聞かれたのですが、
私自信はこの方向性にとても共感を持ったのです。

Psion 5mx の魅力が何だったのかというのは、それこそ人によって
千差万別ですが、私にとっては
  ・手頃なサイズに使いやすいフルキーボード
  ・スケジュール管理に使いやすい
  ・母艦の助け無しに、一台でほぼ完結して使える (開発も含めて)
の 3点を特に重視していたように思います。
この観点で見て、私が後継機として満足していたのは
Nokia comunicator シリーズ (9300 と E90) くらいでしょうか。

ところが最近の UMPC (または Windows を搭載した MID) に
Outlook や Emacs をインストールすれば、
これらの条件はクリアできます。
最近の UMPC は、電池での駆動時間もそこそこ長いですし、
3Gモデムが内蔵されたり最低でも WLAN が使えたりと
通信環境も整備されてきました。

PsiXpda として発表されたハードウェアは、確かにそれほど
魅力的なものに思えないというのはあります。
むしろ工人舎 PM など、当時の 5mx を彷彿とさせる
サイズの PC の方が、こうした使い方には向いているかも知れません。
私は、老眼の関係であまり高精細な画面を注視するのが辛くなったので
大画面で軽量な VAIO X が気に入りましたが、
それこそ人によってさまざまな選択ができる時代が来たことを
嬉しく思います。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。